ほうれい線の予防と対策

前回は、ほうれい線ができる原因について書きましたが、今回は、ほうれい線を良くする対策(予防)についてご覧ください。

ほうれい線の予防として、マッサージや顔の筋肉を意識して動かすストレッチ体操などがあります。

今回は、ほうれい線予防・対策の中から、「ストレッチ体操」、「マッサージ・造顔マッサージ」、「保湿・紫外線・ターンオーバー(代謝)」、「肌の再生医療」についてご紹介します。


ストレッチ体操

ほうれい線が深くならないように予防・改善するためには、頬周辺のたるみを予防・解消することが必須要因になります。

そのためには表情筋を意識して動かすストレッチ体操が効果的です。

ストレッチ体操で表情筋を鍛え、たるみやしわを予防することが出来るだけでなく、表情が豊かになったり小顔効果もあります。

毎日、短時間でも良いので習慣にして行うことが好結果に繋がります。


マッサージ・造顔マッサージ

口元の筋肉(表情筋・咀嚼筋)が衰えると、頬がたるみます。

これらの筋肉をほぐして血行を良くするだけでも、頬のたるみが改善されて、ほうれい線も目立たなくなります。

更に、顔の左右バランスも良くなって頬もシャープになり、エラも目立たなくなります。

メイク前やクレンジングの時など、毎日行うと良いでしょう。


保湿・紫外線・ターンオーバー(代謝)

年齢とともに肌はみずみずしさを失い、元に戻る力を失っていきます。

更に紫外線などでダメージが与えられると、ほうれい線が固定化して老け顔を作ってしまいます。

そのためには、保湿ケアは欠かすことが出来ません。

ビタミンC、ビタミンE、コラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸、グルタミン酸、スクワランなどの保湿成分や、たんぱく質が配合されているローションで入念にケアしてあげる事が大切です。

また食事などで、コラーゲンやエラスチンを取り入れましょう。

特にエラスチンは牛すじや軟骨、手羽先や煮魚に多く含まれています。エラスチンは夜に生成されるので、夕食にこれらの食材を食べるとより効果的です。

規則正しい食事や、生活習慣を心掛けてターンオーバーを意識する事も大切です。


肌の再生医療

自分自身の肌細胞を、ほうれい線の気なる辺りに広く満遍なく注入して改善する治療で自然な効果が得られます。

また注入した肌細胞はその後、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出して肌質を維持する働きもします。


ほうれい線の予防・対策といってもたくさんありますね。

季節によっても、肌の悩みなど色々とあると思いますが、予防・対策の知識をつけて実践し、効果を感じていくのが一番良いのかもしれませんね。

ツイートツイート

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ザクロ 美容

お酢で健康美人に

昔から酢は調味料としてだけでなく、体にいい食物として様々な料理でとい入れられてきました。 最近では酢を積極的に利用しダイエットや健康管…

おすすめ記事

お得に美しくなる情報~最新版

コスメや健康食品などのキャンペーン情報などを集めました。 気になるキャンペーンを要チェック! “朝スッキリと評判のしじみ習慣が10日分無料(送料無料)
ページ上部へ戻る