若年性更年期障害の予防法

最近は、20代や30代という年齢であるにもかかわらず、更年期障害の症状が現れる「若年性更年期障害」で悩む女性が増えています。特に働く女性に多いそうです。


若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状としては、月経不順、無月経、ほてり、手足の冷え、疲れ、不眠、イライラ、めまい、頭痛、不安、うつなどがあります。
このような症状がある場合は、まずは婦人科に相談してみましょう。


更年期度チェックシート(簡略更年期指数SMI)で更年期の不調をチェックできますので、病院へ行く前の簡単チェックにご利用下さい。


更年期度チェックシート(右クリックで保存できます)


このテストで異常がでなくても、骨粗鬆症や動脈硬化などの生活習慣病が隠れていることがあります。


若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害は、ストレスや不規則な生活、無理なダイエットなどによる栄養不足や栄養バランスの乱れによってホルモンバランスが崩れることが原因と考えられています。


ホルモンを分泌する内分泌系や自立神経の中枢である視床下部は、とてもデリケートで外部からの影響を受けやすいので、ストレスや体調の変化、生活リズムの乱れによってホルモンや自律神経のバランスが崩れてしまうのです。


若年性更年期障害の予防法

若年性更年期障害の予防に大切なのは、


1.規則正しい生活

起きる時間、食事を摂る時間、寝る時間を毎日一定にするように心がけましょう。


2.十分な睡眠をとる

寝る前に入浴で体を温めたり、ラベンダーなどのアロマオイルを使ってマッサージをしたり、ストレッチやヨガなど軽い運動をすると眠りに入りやすくなります。


3.ストレスを溜めない

自分なりにリラックスできる方法を見つけることが大切です。自分が楽しい!とか、気もち良い!と感じることを毎日の生活に取り入れると良いと思います。


4.運動をする

ウォーキングやヨガ、エアロビクスなどの有酸素運動を週に2回~3回くらい行いましょう。運動はストレスの解消にもなります。


5.栄養バランスの良い食事

特にビタミンやミネラルを多く含む野菜や果物、海藻類や、「イソフラボン」が多く含まれている大豆を積極的に摂ると良いですよ!

ツイートツイート

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ザクロ 美容

お酢で健康美人に

昔から酢は調味料としてだけでなく、体にいい食物として様々な料理でとい入れられてきました。 最近では酢を積極的に利用しダイエットや健康管…

おすすめ記事

お得に美しくなる情報~最新版

コスメや健康食品などのキャンペーン情報などを集めました。 気になるキャンペーンを要チェック! “朝スッキリと評判のしじみ習慣が10日分無料(送料無料)
ページ上部へ戻る