産後ダイエット腰の体操編

腰は要とよくいいます。

妊娠出産で広いた骨盤を元に戻してあげることがダイエットにも、健康にも大切です。

本来なら、出産後には妊娠前の骨盤の状態に自然に戻るのですが、それがスムーズにいかない場合もあります。
産後に骨盤が緩んだままになっていると『冷え性 ・ 肥満 ・ バストダウン ・ O脚』などの症状が出やすくなると言われています。

さらに、出産をすることで骨盤の底にある筋肉が緩んでしまい、エクササイズや体操によって筋肉の緩みを改善しないと、失禁(咳やくしゃみのとき)や腰痛に悩まされることも。

出産後はダイエットのためにも、骨盤を元の状態に戻すことや、骨盤周りの筋肉を鍛えることが大切になります。

自宅で簡単にできる、ゴムチューブを使った産後の骨盤体操を3種類と、産後の腰痛体操を紹介します!!

産後の骨盤体操

まずはゴムチューブを用意しよう!

ホームセンターなどで、27インチ以上の自転車のタイヤのチューブを用意します。

空気穴の金具の部分をカットして輪を切り開き、1本の帯として使用します。

このゴムチューブを骨盤の正しい位置に固定することで、体操中に骨盤が開いてしまうのを防ぎます。

※ゴムチューブの付け方が大切!

1,ゴムチューブの真ん中を大転子(大腿骨の上部にある丸い突起。
足のつけ根付近の出っ張った部分)の位置に当てる。

2,ゴムチューブを後ろに回しておしりで交差させ、斜め上にひっぱりながら、再びゴムチューブを前に持ってくる。

3,ゴムチューブを骨盤のいちばん出っ張った部分に当てながら、前で交差させます。

ゆるまないようにしっかりと結び合わせて。

①骨盤を左右に回す運動
ゴムチューブを骨盤に当てて行います。

1,足を肩幅に開き、両手を腰にあてる。

2,上体をまっすぐに起こして、顔は前を向いたまま、腰を大きく回す。

3,左右に10回ずつ行います。

②上半身を前後に倒す運動
ゴムチューブを骨盤に当てて行います。

1,足は肩幅に開いた状態で、上体をゆっくりと倒す。

2,次に体を起こし、手を腰に当ててゆっくりと後ろに反らしていく。この前後屈運動を10回行う。

③骨盤を左右に押し込む運動
ゴムチューブを骨盤に当てて行います。

1,足を肩幅に開いて立ち、ゴムチューブの下のライン(足の付け根付近)に右手を当て、左手でバランスをとりながら、骨盤を押し込むように、腰をぐっと左方向へ押す。

2,次に手を替えて右方向へ押し出す。左右交互にこれを10回繰り返す。

次回は腰痛体操のご紹介です。

ツイートツイート

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ザクロ 美容

お酢で健康美人に

昔から酢は調味料としてだけでなく、体にいい食物として様々な料理でとい入れられてきました。 最近では酢を積極的に利用しダイエットや健康管…

おすすめ記事

お得に美しくなる情報~最新版

コスメや健康食品などのキャンペーン情報などを集めました。 気になるキャンペーンを要チェック! “朝スッキリと評判のしじみ習慣が10日分無料(送料無料)
ページ上部へ戻る