食べたものはいつ体脂肪になるのか?

食べたものはいつ脂肪になるのかご存知ですか?

この時期、食べたり飲んだりする機会が多いのではないですか?頑張ってダイエットに励んでいたのに、食事会やら飲み会が増えたりで「もういいや。こんだけ食べたり飲んだりだったら、ダイエットを意識した食生活をしていたけれど、や~めた!」と諦めモードに入っていませんか?

そんなあなた、諦めるのは早いですよ。

あなたが食べたものが体脂肪になるのに、どれ位かかるかご存知ですか?

「今すぐ?じゃないの?」

いいえ。

「じゃあ、明日?」

いいえ。

安心しましたか?実はあなたが食べたものが脂肪になるのには2週間かかると言われています。食べたものが使われずに蓄積されて体脂肪になるって訳です。だとすれば・・・この期間内に調整すれば、体脂肪にならずに済むのです。だから、せっかく食生活や日常生活の改善を心がけていたのであれば、あなたは諦めないで欲しいのです。

理論でいくと食べたものはグリコーゲンになって、肝臓に蓄えられます。この肝臓にある間に食事を調整したり、運動したりすると使い切られて体脂肪になりません。

「へ~肝臓でストックできるのね。それは便利。」

そうです。肝臓はグリコーゲンとしてストックする事ができるのです。しかしながら、肝臓に沢山ストックする事はできません。

だから、あなたが、食べている事で食生活改善を諦めて、どんどん食べ続けて調整しないとしたら、肝臓に蓄えられたストックが溢れてしまい、その溢れてしまったものが、脂肪細胞に蓄えられて体脂肪になってしまうのです。そして脂肪細胞がどんどん巨大化して、あなたのカラダのぶ厚くつかめるお肉となっていくのです。

これでおわかり頂けましたか?諦めないで!という意味が。少し食べ過ぎたかな?と思ったら早めに調整すると手遅れにはなりません。逆に、食べ過ぎた事を皮切りにやけになってドカ喰いを続けるとあっと言う間にせっかく頑張ったダイエットがリバウンドする事になりかねません。

調整は早いに越した事はありませんよ。2週間あるからと言って2週間食べ続けたら当然、肝臓からあふれ出し、体脂肪増加まっしぐらでしょう。あなたの食べすぎの次の日を勝負としましょう。次の日が無理ならその次の日です。48時間以内に調整すれば、楽に戻す事ができますよ。

食べても翌日調整すれば大丈夫!と思えると変なストレスもなくなると思いませんか?調整の仕方も難しく考えなくていいですよ。カロリー計算ばっかりしていると、大変ですから。

「例えばどんな風に、調整すればいいのか知りたいわ。」

はい!そうですね。調整の仕方をお伝えしますね。

もしあなたが昨日、いつも以上に食べ過ぎたと感じたなら、翌日は1食抜くか1食をお野菜をメインにする!という事をするだけ。なんとなく48時間で帳尻を合わせる考えで充分なのです。そう考えたら無理なくできると思いませんか?食べ過ぎて大きくなった胃袋を小さくするつもりで。

2日以内の食生活や生活習慣の調整を習慣にすると、食べたいのにガマンというストレスからも開放されるのではないでしょうか?

ツイートツイート

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ザクロ 美容

お酢で健康美人に

昔から酢は調味料としてだけでなく、体にいい食物として様々な料理でとい入れられてきました。 最近では酢を積極的に利用しダイエットや健康管…

おすすめ記事

お得に美しくなる情報~最新版

コスメや健康食品などのキャンペーン情報などを集めました。 気になるキャンペーンを要チェック! “朝スッキリと評判のしじみ習慣が10日分無料(送料無料)
ページ上部へ戻る