妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘対策

妊娠すると今まで便秘でなかった人も便秘になりがちになります。もともと便秘体質の人はかなりガンコな便秘に悩まされることもあります。

どうして妊娠すると便秘になるのでしょう?

つわりで食べられないから?
運動不足?


もちろん下人は複数ありますが、妊娠中に便秘が多い一番の原因は「ホルモン」のせいなんです。

妊娠すると「黄体ホルモン」というホルモンが多く分泌され、子宮を収縮させないように作用します。それが腸も弛緩させ、排泄物を押し出すのに必要な煽動運動を抑制してしまうのです。

ですから、妊婦はみな便秘がちなのは仕方がないところがあります。

とはいえ、便秘の苦しみをそのまま放って置くわけにもいきません。

排泄物が腸内にとどまるほど、水分が吸収されてますます固くなって出にくくなます。
腸内に古い排泄物がたまると悪玉菌が繁殖しますます腸が正常に働かなくなってしまいます。

黄体ホルモンの分泌を止めるわけにはいきませんが、食事や運動などで便秘を解消して、赤ちゃんのためにも自分のためにも気持ちのいいマタニティライフを送りましょう。


便秘対策の第一は「食事」です。
すぐに思いつくのが「食物繊維」ですね。

主食を玄米や雑穀にする、食物繊維が豊富なシリアルにするというのもいいですね。

食物繊維とともに取りたいのが、発酵食品です。
納豆やキムチ、ヨーグルトなどには乳酸菌などの「善玉菌」が多く含まれています。
善玉菌は腸を正常に機能させる大切な菌です。
善玉菌が増えて腸が正常に機能するとガンコな便秘も解消されるのです。

便秘薬や刺激の強いお茶などが使えない妊婦の便秘解消には善玉菌で便秘を解消するのが一番安心で効果のある方法です。

詳しくは「妊婦の便秘を治す方法」を参考にしてください。


もちろん運動も便秘解消には大切です。

激しい運動をする必要はありません。家にこもりがちな妊婦さんは毎日散歩をするだけでもいいので、少しずつ体を動かしましょう。

マタニティヨガなどのスタジオに通うのもストレス解消にもなっていいですね。


どんどん大きくなるお腹に幸せを感じつつも、思うように動けなかったり、出産やその後の育児などの不安があったりと妊婦はストレスを感じやすくなっています。

そのストレスも便秘の原因の一つですが、便秘自体が一番のストレスだったりしますね。

どうしても出ない場合は、無理をせず産婦人科で便秘薬を処方してもらいましょう。
市販の便秘薬を自己判断で使うのは絶対にやめましょう。

ツイートツイート

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ザクロ 美容

お酢で健康美人に

昔から酢は調味料としてだけでなく、体にいい食物として様々な料理でとい入れられてきました。 最近では酢を積極的に利用しダイエットや健康管…

おすすめ記事

お得に美しくなる情報~最新版

コスメや健康食品などのキャンペーン情報などを集めました。 気になるキャンペーンを要チェック! “朝スッキリと評判のしじみ習慣が10日分無料(送料無料)
ページ上部へ戻る